坐骨神経痛の予防

坐骨神経痛を改善するために日常生活を見直すことが重要です。坐骨神経痛にかかる前から対策を意識した生活を送れば、坐骨神経痛を予防することができます。

坐骨神経痛の予防法を考えるときに、大前提として腰に負担をかけないことが挙げられます。過度に重いものを持つことは避けましょう。荷物もそうですが、自分の体重ももちろん腰への負担となります。

また無理な姿勢で腰を動かさないようすることも大切です。腰に負担がかかりやすい中腰での作業は要注意です。重さや動作だけでなく、冷えからも腰に負担はかかります。気候や冷暖房に気を配り下半身を冷やさないようにしましょう。

 

坐骨神経痛の予防について(詳細)


坐骨神経痛の予防策として腰部の筋肉をパワーアップさせることも有効です。腰の筋力を強化するとともに、柔軟にすることが大切なのです。ストレッチや体操、適度なエクササイズを日常的に行うことをおすすめします。

さて、ここに簡単な坐骨神経痛予防体操をご紹介しましょう。

足を肩幅程度に広げ、手は前に出します。“前ならえ”のイメージです。息をゆっくりと吐き出しながら、太ももが床と平行な位置に来るようにしゃがんでください。そのまま深呼吸をしたら、空気をゆっくりと吸い込みながら元の体勢にもどします。

ゆったりと2セット行うと、坐骨神経痛の予防になります。体操が難しいという人には、バランスボールがおすすめです。数年前から人気を集めているエクササイズ用の大きなボールです。

このエクササイズボールに腰をかけると、無意識のうちに姿勢を正しバランスをとるために、坐骨神経痛予防に効果的なのですね。楽しみながら予防ストレッチを行えるでしょう。

坐骨神経痛は様々な症状をもち、素人目にはわかりにくいものでもあります。定期的に専門医に検査してもらうことも非常に大切なことです。予防や早期発見に繋がります。坐骨神経痛にかからないように、毎日の過ごし方を見つめ直してみてください。

  
HOME | 坐骨神経痛の症状 | 坐骨神経痛の原因 | 坐骨神経って何? | 坐骨神経痛の予防 |
坐骨神経痛の治療方法
| 坐骨神経痛に関するQ&A
 
Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.

privacy