坐骨神経とは

坐骨神経痛と密接な結びつきがある坐骨神経について考えてみましょう。

坐骨神経とは、からだの中を走っている神経のひとつです。神経の中でも「坐骨神経」は末梢神経という種類に分類されます。

抹消神経とはいわゆる電話線のような働きをする神経です。脳から発信された指令を手や足に伝え、手足が受けた刺激を脳に連絡するといった役割を担っています。

末梢神経は細い繊維が束状となり形づくられています。坐骨神経は抹消神経の中で1番長く太い形状をした神経となります。

坐骨神経とは(詳細)


坐骨神経痛で激しい痛みがみられるのは、この神経の長さと太さが理由です。腰部から出ている神経が集まり束状になったものが坐骨神経で、1番太い箇所は、親指ほどの太さになり、長さは1メートル以上もあるそうです。

このように大きな存在感を放つ坐骨神経痛の根元は腰椎となります。腰椎を出発し、坐骨(おしりの部分)を通り過ぎると、2つに分かれて進みます。

一方は足の底を目指し、もう一方は足の背へと進んでいくのです。それぞれの細かい部位に名称はありますが、このような神経のルートをまとめて坐骨神経と呼ぶのが一般的です。

からだの大切な部位である下肢を走っている坐骨神経には、2つの重要な働きがあります。

ひとつ目は“知覚神経”の働きです。この働きを坐骨神経が持っているために、坐骨神経痛が発症するとしびれや知覚鈍磨といった症状がみられるのです。

もうひとつの働きは“運動神経”です。運動神経は、日常生活でも馴染みのある言葉なのではないでしょうか。

坐骨神経が運動神経という働きを担うために、坐骨神経痛によって歩行障害が起こる場合もあるのです。私たちが歩いたり走ったりスムーズに行うために、大きな役割を果たしているのが坐骨神経なのです。

  
HOME | 坐骨神経痛の症状 | 坐骨神経痛の原因 | 坐骨神経って何? | 坐骨神経痛の予防 |
坐骨神経痛の治療方法
| 坐骨神経痛に関するQ&A
 
Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.

privacy